導入事例

議会場会議システム設置工事

 某議会場の全体的なシステムの更新として、弊社より赤外線会議システムの納入・設置工事をさせていただきました。
このシステムの導入により、発言権の制御・発言時間(持ち時間)表示等、標準的な会議システムの機能の他、録画録音機器との連携・発言者へのカメラズーム・テロップ表示等、様々な機器を連動させることで円滑に会議を進めることが可能となりました。

■ システム概要

 手元に設置された会議マイクユニットスイッチで、発言権の要求や発言遮断(議長用 )を行います。
これらの情報は全て赤外線通信で操作席へと送られ、操作席ディスプレイに表示されます。

■ 操 作 席

 マイク各々の動作状態の切り替え、連動するカメラのモニタリング、ライブ配信等、会議全体のコントロールを行うことができます。
不測の事態に備えて、アナログ式のコントローラーでも操作することができるようになっています。

■ 大型モニター設置

 操作席から出力された映像は、議題テロップや発言の経過時間などの情報が付加され、
傍聴席モニターや館内放送モニターに映し出されます。

緊急通報 校内 IPインターホン工事

 学校への不審者の侵入に対し、LANケーブルを使った緊急通報インターホンシステムを、この度京都市の小・中学全校で採用され、弊社より納入・設置工事をさせていただきました。
各教室に設置されているパソコン用LANコンセントが有効活用出来るため、専用配線工事の必要がなく、簡単に導入出来るシステムです。
緊急情報を迅速・的確に把握し、対応する事ができます。

■ システム概要

 教室に設置される緊急押しボタン付きのIP電話子機と、職員室に設置される親機・ディスプレイ付き設定機、そして親機から連動する放送装置から構成されています。

■ 動 作

 不審者の侵入などで教室の緊急ボタンが押されると、職員室の親機に連絡が入り、ディスプレイに発報した教室名を大きく表示します。
同時に校内放送で、「1年1組より緊急通報!」と、発信している教室を音声で知らせます。